虫歯治療

虫歯の原因

虫歯とは、口腔内に繁殖した細菌が食べ残しを餌にし、酸を発生させて歯の表面を溶かしていくことをいいます。
この過程を「脱灰(だっかい)」といいます。
軽度の脱灰であれば、唾液に含まれるカルシウムやリンによる「再石灰化」で修復が可能で、日々口腔内で行なわれています。
しかし、脱灰の進行に再石灰化が追いつかなくなると、どんどん歯の表面は溶かされてしまい、自然治癒が不可能になってしまいます。そうなる前に早めに医師にご相談ください。


虫歯の進行と治療法

c0
CO

脱灰による虫歯の初期状態。ほとんど目立ちません。

治療

再石灰化による自然治癒。

c1
C1

痛まない程度に黒くなり始めた状態。

治療

黒い部分のみ削り、レジン(白い樹脂)による治療。
痛みはほとんどありません。

c2
C2

細菌が象牙質まで達しており、多少刺激を感じ始めます。

治療

黒い部分を削り、詰め物や被せ物をします。
数回の通院が必要です。

C3
C3

神経まで細菌が達しており、強い痛みを感じます。

治療

根管治療が必要になります。
症状により数ヶ月の通院が必要です。

C4
C4

歯がほとんどなくなってしまい、痛みもほとんどなく、神経が死んでしまった状態。

治療

歯の状態により抜歯をして、歯髄の膿を取り出します。
その後、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療をご提案します。


虫歯を防ぐために

初期の虫歯なら、再石灰化による自然治癒で防ぐことはできますが、脱灰の進行の方が早ければ自然治癒も追いつかず、歯科医院で治療しない限り二度と治ることはありません。
そうならないためにも日頃ご自身で歯の予防意識を高く持つ必要があります。
当クリニックでも予防治療への取り組みを行なっていますので、詳細をご確認ください。
詳細はこちら

歯周病の原因

歯周病の原因

歯周病とは、自覚症状のないまま進行し、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。
日頃の歯磨きが不十分だと、歯と歯肉の間にある歯周ポケットに細菌が溜まり、歯垢や歯石として蓄積され、炎症を起こすことで進行していきます。


歯周病の進行と治療法

軽度歯周炎
軽度歯周炎

歯周ポケットが3〜4mmになり、歯肉が赤く腫れはじめます。

治療

正しい歯磨き指導をして、プラークコントロールを徹底します。

中度歯周炎
中度歯周炎

歯周ポケットが4〜5mmになり、炎症がひどくなり、口臭、化膿などの症状がでます。

治療

スケーリングで歯石を除去して、正しい歯磨き指導をします。

重度歯周炎
重度歯周炎

歯周ポケットが6mm以上になり、歯槽骨の吸収度合いが著しく、歯が大きくぐらつき、日常生活に支障がでます。

治療

症状にもよりますが、再生療法による、外科手術が必要な場合があります。


歯周病の予防

歯周病の未然に防ぐためには、日頃からの歯磨きを正しく行なうことです。 当クリニックでは正しい歯磨き指導や、虫歯や歯周病にかかりにくい予防治療を行なっています。
詳細はこちら

根管治療

根管治療

根管治療とは、過度の虫歯の進行により、歯髄を細菌に侵されてしまった場合の治療法です。壊死した歯髄や象牙質を取り除き、洗浄と殺菌を行ない、殺菌剤を充填します。治療後も再感染を防ぐためにも定期的なメンテナンスが必要です。

歯ぎしり(ブラキシズム)治療

歯ぎしり(ブラキシズム)治療

就寝中に無意識でしてしまう「歯ぎしり」や「噛みしめ」を毎日繰り返すことで、歯の摩耗や欠損をしてしまうことがあります。
原因には、日常のストレスや不正な噛み合わせが考えられています。
当クリニックでは、歯ぎしり(ブラキシズム)から歯を守れるよう、患者様に合わせたマウスガードの作製しています。就寝時にはマウスガードを装着しておやすみください。

診療科目
  • 一般治療
  • 小児歯科
  • 予防治療
  • 小児矯正
  • 審美治療
pagetop