小児矯正

小児矯正とは、幼少期の顎の骨が成長しきる前に矯正治療を始めることで、成長に合わせて矯正できるため、抜歯の確率も低くなり、矯正治療としては理想的な状態での治療になります。
幼少期のお子様は、指しゃぶりや柔らかものばかり食べる傾向があるので、不正咬合の兆候が顕著に見受けられます。
お母様がお子様の口腔内を気を付けて看てあげてください。
健康な歯並びをお子様のうちに手に入れておくと、大人になってからも虫歯や歯周病になりにくい健康な歯でいられます。

顎顔面矯正

現代人は、顎のサイズが小さくなりつつある傾向ですが、反対に歯の形成が始まる胎児への栄養の改善により歯のサイズは大きくなっています。 3人掛けのベンチに4人が座る状態です。
多くの矯正では座る人数を4人から3人にしますが、ベンチを4人掛けにする考え方が顎顔面矯正です。上顎の劣成長(受け口、出っ歯にかかわらず、悪い歯並び全般)は、必ずお子様の成長に悪影響を及ぼします。顎顔面矯正は、いくつかの拡大装置を使い分けることで、効果的に顎の成長を正常にすることができます。


拡大装置(ハイラックス バラエティ ファン
拡大装置(ハイラックス バラエティ ファン)

通常の歯列矯正は、健康な歯を抜くことで歯を並べるスペースを作り歯列を矯正することが多いですが、拡大装置では顎の骨を拡大することにより、歯が自然に並ぶスペースを獲得できますので、健康な歯を抜かなくて済むようになります。
また、顎顔面矯正は骨格の矯正です。歯列矯正でネックとなる後戻りがありません。
副効果として、上顎の劣成長を改善することにより、身体に悪影響を及ぼす口呼吸から鼻呼吸へ促すことができるので、成長促進、姿勢、集中力などの日常生活にも良い影響を与えてくれます。

T4Kトレーナー

T4Kトレーナー

T4Kトレーナーとは、就寝時と日中1〜2時間装着することで、口腔筋に働きかけて間違った舌位置や口呼吸など口腔癖の改善を目的としたマウスピースです。
混合歯列期に行なうことにより、正常な歯列や顎の骨の成長を促進するとともに、口呼吸が原因となる疾患の抑制や異常な飲み込み、舌の突出しを改善できるなど、多くの効果が見込めます。価格もお安く、とてもお手軽ですので、お子様の口腔環境に不安を感じられる方は、ぜひ一度ご相談ください。

診療科目
  • 一般治療
  • 小児歯科
  • 予防治療
  • 小児矯正
  • 審美治療
pagetop